学問・資格

「くりはち」さんのウェブサイトで

グラフィックデザイナーの塚本明彦さんは、ご本人はウェブサイトなど
持っていないので、検索すると「くりはち」さんのホームページで、プロフィールを
見ることができます。

私は、塚本さんが、世界各国と連絡を取る時や、スピーチ原稿などが必要になる
時、いつも翻訳を担当しています。
ここに載っている『世界108人のグラフィックデザイナー』
(ALL MEN ARE BROTHERS)の英文も手掛けました。
作品の企画意図や自分の考えなどについてQ&Aがあるのですが、ご本人の
イメージを最大限、生かすように言葉を選ぶのに、神経を使いました。
本は、ドイツから出版されましたが、独特な雰囲気で、本棚に飾っていても見栄えがします。

今、日本では、大震災と津波の影響で、出版業界も大変ですが、こういう時こそ、
素晴らしいものを生み出したいですね。

*ところで、私、栗、大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドミューン、Uストリーム、恭平さん

ブログの左欄の一番下の検索フレーズランキング。きょうの一位は「坂口恭平」さん。

恭平さんは先日の自由大学で、「0円ハウス」のことをプレゼンして、翌日には

ドミューンで講演、その模様がUストリームで中継されました。

3日に帰宅してから、「TV Bros.」の川勝さんの記事でドミューンのことなどを

書いてあるのを発見。

Uストリームは、少ししか見られませんでしたが、恭平さんが

「多摩川のホームレスの家は解体可能」とか「巣鴨のシケモク拾いで生活している人が

いる」とかお話ししていました。

私はプレゼンで、「あなたが選ぶ家LOVE」という駄洒落なタイトルで

家を選ぶこつなどをお話ししたので、二人が全く逆の観点から住居について

取り上げました。

ホームレスで生きていくのには、やはり、特殊技能が必要。

都会で孤独に生きる限界集落のような集合住宅の居住者はホームはあるのに、

絆なし、つながりなし。

都会の「無縁社会」をなんとかする知恵をしぼらないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特技=怒りながらえくぼを出す人

昨日は、三軒茶屋のものづくり学校内の自由大学で

レクプラに参加しました。

私は、じゃんけんの結果「セガレ」のミツシさんと作家の坂口恭平さんの間で、

2番目にプレゼンをしました。

ちょっとしたことで、持参したDVD-RAMの資料がすぐにプロジェクターに

映し出せず、その間、しゃべって間を持たせることに。

しかたなく、大好きな竹中直人さんの「笑いながら怒る人」はできないけれど、

「怒りながらえくぼを出す人」という特技を披露。

そうこうしているうちに、映像集だけが、やっと映し出され、なんとか

持ち時間をこなし、会場から質問を受け、黒崎先生から、直接の講評をいただきました。

ISSOさんもいつの間にかいらしていたので、お話をしました。

プレゼンの優勝者は、坂口さん。

私の講義は、自由大学に当日、観客として参加した方には、あまり、

必要ではなかったみたいです。

受講対象は、すぐに家を建てたい、リフォームしたい、お部屋を選びたいという方

なので、今回の観客向けには「高齢の家族と近居する哲学」とか

「ペットを見送った後の家」とか「犬の落とし物とのガーデン・バトル」とか

にしたほうが、よほど、面白かったのかも。

Dog Life Designのクラス内容は、「ペットと暮らすハウス・デザイン」(仮)にして

少子、高齢、多ペット社会に合わせたものにする予定。

全5回で毎回、内容が違い、ご祝儀のことなどお金のこともお話しすれば、

参考になる点もいっぱいというものにしようと思います。

それと休憩時間に、坂口さんとお話しして、「認知症になった人の徘徊には、

必ず、理由がある。」という点で一致したことが収穫でした。

気がつけば、私は、文筆業を名乗っていますが、編集者的な考え方を

するので、これからは、その視点を生かしていけたらと思います。

ご一緒できる方、どうぞ、よろしく!

自由大学の事務局の方、お世話様になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由大学でプレゼンテーション

明日は、自由大学でプレゼンテーションをします。

私は「家を建てたい、リフォームしたい、お部屋を選びたいという

方のための講義」

の内容をお話しします。

http://freedomuniv.wordpress.com/

講義は1ヶ月に1度で5回。

開講が決まったら、また、こちらで告知します!

待っていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)