« なぞなぞ:甘くて変わったもの | トップページ | 屋根の上だったバンちゃん、今度は犬の上! »

めんどうな丹波大黒豆ご飯を作る

だいぶ前に、「焼きポン栗」や「黒豆茶」と一緒に買った「丹波黒大豆」が、

多忙を理由にほったらかしになっていました。

秤にかけたら、299.5gになっていて、ちょっと干からびてしまったようです。

水に長くつけないと柔らかくならない品種らしいので、とても面倒です。が、

今回、インターネットを見たら、フライパンで、「から煎り」する方法が載っていました。

2つのウェブサイトで微妙に作り方が違います。でも、なんとかやってみます。

お米は「ゆめぴりか」4カップ。もちもちした品種なので水加減を控え気味に。

Tanbaookuromameyumeprika

黒豆は水でよく洗い、水をきってキッチンペーパーでよく拭き、

油のひかずに、「から煎り」開始。

Karairikaishi

10分間たつと、やっと全体がはぜてきました!香ばしい香りが、余震で、ささくれだった

神経の疲れをとってくれます。

Karairiowari

昆布を一枚入れて、お酒 大匙 2 2/3杯、お塩 小匙1 2/3杯。分量は適当ですが、

普段使っているベターホームの本の「青豆ご飯」も参考にしました。

下に敷いた昆布が上に来てしまい、下へまた押したりして、

どきどきしながら、スイッチを押しました。

Denkigama

48分で、炊きあがり!湯気もふわふわとおいしそうです。

大黒豆が、3倍くらいにふくらんで、「大黒大豆」に!

Takiagari1

上昇してきた昆布を取り去り、全体を混ぜると、お米がきれいな紫色に染まっていて、

「白いところに黒いお豆」のダルメシアンライスを想像していたのですが、

お赤飯のブラックバージョンという感じになりました。

Maze

食べてみるとお豆が栗のようにほくほくして甘く、お米のもちもちした感じとも

よく合っていました。さらっとした品種のお米だとどんな感じになるでしょうか?

それにしても早く、余震が収まり、皆が普通にお水や電気、ガスが使える状態に

なるとよいと思います。

|

« なぞなぞ:甘くて変わったもの | トップページ | 屋根の上だったバンちゃん、今度は犬の上! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそうですねー。
黒豆ごはん、があることを知りませんでした。
だからお正月しか食べたことない。。。。

おいしそう。
今度作ってみたいです!!

投稿: sharemu | 2011年4月11日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514076/39569256

この記事へのトラックバック一覧です: めんどうな丹波大黒豆ご飯を作る:

« なぞなぞ:甘くて変わったもの | トップページ | 屋根の上だったバンちゃん、今度は犬の上! »